【マイクラ】オリジナルビンゴゲームの遊び方


スポンサーリンク

こんにちは、SAKURAです✿

 YouTubeでビンゴゲームを検索すると、ほとんどがマルチサーバのアイテムを集めるビンゴゲームの動画です。面白そうでやってみたいです。ですが、今回は私の考えたビンゴゲームを紹介したいと思います。
(バージョン1.13で作動確認しました)



Minecraft ビンゴゲーム

ビンゴゲームとは

 Wikipedia曰く、”5×5四方に番号が書かれたカードを用いて条件を満たしたものを勝者とするゲームである。”
 パーティーの模様しで行わてるビンゴゲームは、最初に数字を並べたカードが配られ、司会者がビンゴマシーンで選ばれるランダムの数字を順番に読み上げていきます。
 自分のカードに該当の数字があれば、穴を開けてチェックしていき、穴が縦、横、斜め、どれか一列並べば「BINGO」と言って上がり。一番早い人が優勝です。(景品がもらえたりします)

マイクラオリジナルビンゴゲームのルール

 私の考えたマインクラフトのビンゴでは、1~75の数字の代わりに「各種アイテム」を使用します。ガードもアイテムを5×5に並べて、穴を空ける代わりに、トーチやエンドロッドを立てて目印にします。
(カードの真ん中は穴が空いている状態を示すため、「ガラス」を配置します)

Minecraft ビンゴカード
Minecraft ビンゴカード セット前
 カードは参加者が自由にアイテムを並べることにします。実際のビンゴゲームでは、1~75の数字を使用しますが、ラージチェストが54マスなので、アイテムは54個を1セットとします。参加人数分+ビンゴマシーンに投入する分の数のセット数が必要です。
 予め枠と真ん中のガラスを配置しておくと、参加者がアイテムを並べやすいと思います。

 ラージチェストに収めたアイテムです。1種類につき1個となっています。見分けやすいアイテムを選ぶと良いです。
(似通った色の羊毛、ズレてしまう砂や砂利は含めない。溶ける氷もw)

ビンゴマシーンの説明

 ビンゴマシーンのおもちゃがありますよね。ワイヤーの球体の中に、数字の書かれた玉がたくさん入っていて、回転させると中の玉が混ざり、どうにかするとランダムで1個の玉が出てくる仕組み。福引のガラポン抽選機に似てますね。それをマインクラフトのレッドストーン回路で作ったのがこちら。

Minecraft ビンゴマシーン
Minecraft ビンゴマシーン 上から見た図
 簡単な説明は、口型に並べたドロッパーの輪を54個のアイテムがぐるぐると回っています。ドロッパーはランダムに吐き出すので、回れば回るほど、54個のアイテムは混ざり合います。そこから、一つずつ取り出して、ビンゴゲームを進めていきます。

 右のコンパレーター周辺がクロック回路で、ロ型のドロッパーを作動させています。ドロッパー部分の上のレッドストーン回路は、1つずつ取り出すための制御回路です。
 ビンゴゲームを様子を撮影したプロモーション動画を作っているので、ご覧ください。(2分ぐらい)
*作り方を含めた本編動画は記事の最後にあります。

レッドストーン回路予備知識

中のアイテムが見えないドロッパーがある

 ドロッパーを連結して1種類のアイテムをたくさん運ぶとき、ドロッパーの中を覗くと、アイテムが見えるドロッパーと見えないドロッパーがあります。偶数奇数で見えたり見えなかったりします。ドロッパーを縦に積み上げるアイテムエレベーターも同じです。

 ここで問題になるのが、アイテム取り出すとき、詰め込むときです。アイテムを取り出せるドロッパーはアイテムが見えるドロッパーです。見えないドロッパーからは取り出せません。ですので見えるドロッパーの下にホッパーを設置して下さい。
 アイテムを詰め込むとき(セットするとき)は、アイテムが見えないドロッパーにホッパーを繋ぎます。アイテムの見えないドロッパーはたくさん(数種類)入れても、常に1マス空きなので、詰まりません。

リピーターの知らせざる特性(リピーターロック機能)

 レッドストーン回路を作るとき、リピーターをよく使いますよね。動力(信号)の増幅はよくご存知だと思います。
 それ以外にリピーターロックという機能があります。知ってました?
”真横から別のリピーターの信号を直接受け取ると、その間はON/OFFが切り替わらなくなる。
また、側面から信号を受けているときは前の状態を保持することができる。”
Minecraft Japan Wiki『レッドストーン』より引用

Minecraft リピーター
 トーチの動力が、リピーターを経由してレッドストーンランプを点灯させています。この使い方は信号を延長させるときによく使いますので、ご存知だと思います。

Minecraft リピーターロック機能①
 トーチからリピーターへ動力が伝わっているのに、ランプが消えています。真ん中のリピーター以外に、その向こうにもリピーターとトーチが見えます。真ん中のリピーターをよく見ると、縦に棒が見えますよね。その棒は、右からの動力を遮断している状態です。遮断するのには、リピーターの横にリピーターの先をくっつけて、動力を伝えます。

Minecraft リピーター ロック機能②
 遮断の棒が見えます。今度はランプが点いているのに、右のトーチがありません。これは、トーチとリピーターをセットしたあとで、右のトーチを取った状態です。動力が切れたという信号も遮断されたということです。
 これを、リピーターロック機能と言います。

ビンゴマシーンの作り方

1,アイテムシャッフル装置

 アイテムを収めてシャッフル装置を作ります。おもちゃのビンゴマシーンのワイヤーで作られた球体の部分にあたります。

作り方

① 地表3ブロックめにドロッパーを口型に設置します。隣のドロッパーに顔が向く置くようにします。
Minecraft ビンゴマシーン シャッフル装置①

②クロック回路の土台となるブロックを置きます。
Minecraft ビンゴマシーン シャッフル装置②

③クロック回路を設置します。(コンパレターは1回右クリック)
Minecraft ビンゴマシーン シャッフル装置③

④全部のドロッパーとクロック回路をパウダーで繋ぎます。
Minecraft ビンゴマシーン シャッフル装置④

2,アイテム取り出し口の制作

 アイテムが見えるドロッパーの下にホッパーを設置する必要があります。『レッドストーン予備知識参考』クロック回路のスイッチを入れ、適当なアイテムをドロッパーに入れて確認して下さい。正面から見て左と真ん中のドロッパーであれば問題ありません。もし一番右なら、左右反対に作るか、設置場所を移動して下さい。

作り方

①ディスペンサーを設置し、後ろにホッパー、ホッパーの上にホッパーを設置します。(アイテムの見えるドロッパーの下)
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口①


②ディスペンサーの隣を2ブロック掘り、リピーターとパウダーを設置します。リピーターは最大遅延にします。
(ホッパーから流れてきたアイテムをタイム差を設けて発射するため)[画像14]
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口②


③ディスペンサーの隣にブロックを置き蓋をします。右のブロックに石のボタンを設置します。
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口③

④ボタンを設置したブロックの後ろ側にトーチを立てます。更にパウダーで下のホッパーに繋ぎます。下のホッパーに動力が伝わるため、通常はアイテムを吸い込みません。石のスイッチを押したとき、トーチがOFFになって、アイテムを吸い込みドロッパーへ送ります。
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口④

⑤上のホッパーにアイテムが1個入ったら、吸い込みを止めたいので、コンパレターを設置し、ブロック、リピーターを経由し上のホッパーにつなげます。
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口⑤

⑥なお、下のホッパーに動力が伝わらないように、ハーフブロックを土台として使います。
Minecraft ビンゴマシーン アイテム取り出し口⑥

3,アイテム吸出し制御装置

 現段階でもボタンを押すと1個ずつアイテムが飛び出てきます。ですが、ホッパーに次のアイテムも入ってしまうので、種類が分かってしまいます。
 対策として、スイッチを入れるまでアイテムシャッフル装置から取り出さない仕組みを追加しました。
 まずは下の写真をご覧下さい。
Minecraft ビンゴマシーン アイテム吸出し装置

 写真を見ただけでは「なんのこっちゃ、パンナコッタ」です。(;´∀`)
(レッドストーン回路予備知識のリピーターロック機能を参考にしてください)

 簡単に言うと、動力(信号)を記憶しておく回路です。動力源がないのに、レッドストーンパウダーが赤く光っていますよね。記憶された状態です。これをどのように活用するかと言いますと、パウダーが赤く光っている時は「ホッパーがアイテムシャッフル装置からアイテムを吸い出せる状態」です。
 アイテムが取り出されると、ホッパー横のコンパレーターから動力(信号)が出て、ブロックを経由して、真ん中のリピーターに伝わります。すると「赤いパウダー」が消え、取り出せない状態になります。実際、パウダーが光ってるのは一瞬です。
 まあ、そういう仕組です。(説明が下手ですいません)
 この回路は様々な回路に応用ができますので憶えておくといいと思います。

作り方

①上の写真のように回路を設置します。

②コンパレーターの隣のブロックの側面にトーチを立てます。トーチの横のブロックにパウダーを引き、ホッパーに繋がっているパイダーの線と接続します。[画像20]
(今はトーチから動力が出ているので、アイテムを取り出しません)

③スイッチとブロックとオブザーバーとパウダーを設置します。ブロックの隣のリピーターは最大遅延にします。
(ブロックのスイッチをオンにするとパウダーが光り、オブザーバーがそれを感知し、後ろのブロックへパルス信号を送ります。そして回路が記憶します)

マルチプレイをするときに、ビンゴゲームをぜひ楽しんでみて下さい。

 お友達と、採掘や建築も楽しいと思います。ときには気分転換で、ビンゴゲームはどうでしょう?
 残念ながら、私はマルチの経験がありません。このビンゴゲームをお友達と遊ぶことがありましたら、ぜひ感想をお聞かせ下さい。
(YouTubeにUPされるのであれば、見に行きます)

ビンゴ大会(ソロ)の様子と作り方の動画はこちら



Minecart関連記事

【マイクラ】壊れない自動仕分け機の作り方(オリジナル)
【マイクラ】最速ドロッパー式アイテムエレベーターの作り方

【トロッコ輸送関連】
【マイクラ】簡単なアイテムトロッコ輸送の荷降ろし駅の作り方
【マイクラ】高速トロッコアイテム輸送システム(単線)
【マイクラ】高速トロッコ輸送の複線化に挑戦!

(^o^)ノシ

コメント