【マイクラ】高速トロッコ輸送システム【単線】


スポンサーリンク

こんにちは。SAKURAです。

 前回の投稿で予告しておりました、トロッコ輸送高速バージョンをお届けします。高速といっても、トロッコが速く走る訳ではありません。
(;´∀`)
 アイテムの積み込み、アイテムの積み下ろしが速いということです。トラップタワーなどの大量アイテム輸送に向いていると思います。ぜひ作ってみて下さい。

高速トロッコ輸送アイテム荷降ろし駅【単線】

Minecraft 高速トロッコ輸送アイテム荷降ろし駅

 前回説明しました簡単な荷降ろし駅は、構造が簡単で作りやすいですが、大量のアイテムを運ぼうとすると、ホッパーの吸出しがボトルネックになり、荷降ろしに手間取ってしまいます。
 そこで考え出したのが、この高速荷降ろし駅です。スペースを必要としますが、荷降ろしは爆速です。

荷降ろし駅爆速の秘密

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 断面図

 側面のブロックを取った写真です。
 現在荷降ろし位置に、ホッパー付きの運送用トロッコが斜めに停車しています。その下にもう一台ホッパー付きトロッコが? 実はこれが味噌です。
 運送用トロッコが停車位置に止まると、アイテムは下のホッパー付きトロッコに積み替えられます。ホッパーに比べ、ホッパー付きトロッコのアイテムの吸い込み速度は何倍も速いので、運送用トロッコは、あああああああっという間に空となり発車します。
 下のホッパー付きトロッコに、アイテムは積み替えられました。運送用トロッコが次来るまでの時間を利用し、ラージチェストへ送ります。ホッパー付きトロッコはホッパーとホッパーを跨ぐように置かれていますので、2つのホッパーがアイテムを吸い出します。
 つまり、簡単な荷降ろし駅と比較し、輸送距離が短くても最低2倍の速さ、距離が長ければ爆速ということです。

荷降ろし駅の作動の様子

  1. トロッコがアイテムを積載し荷降ろし駅に入る
  2. パワードレールで加速され、車止めの鉄ブロックにぶつかる
  3. 停車位置のディテクターレールがトロッコの中身を感知し、コンパレターへ信号を送る。
  4. コンパレーターから出力された信号は、最終的にトーチの刺さった鉄ブロックに伝わり、点灯していたトーチが消える。
  5. フェンスゲートが閉まり、車止めにぶつかり戻ってくる(下る)トロッコを止める
  6. レールしたのホッパー付きトロッコが運送用トロッコのアイテムをすべて吸い出すとコンパレーターから出力されていた信号が消えトーチが再び点灯する
  7. トーチが点灯すると、フェンスゲートが開き、運送用トロッコが滑り出す
  8. 運送用トロッコはパワードレールで加速され、荷降ろし駅を出発する

荷降ろし駅の作り方

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方①
・6ブロック掘り、ラージチェスト、ホッパーを設置する。
・ホッパーのノズルはラージチェストへ向くようにする。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方②
・右の列のホッパーの上に、鉄フェンス、ハーフブロックを設置する。
・その周囲にブロックを設置する。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方③
・左右のブロックの上にブロックを積む。
・積んだ向こうのブロックの間に上付きでハーフブロックを設置する。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方④
・手前のブロックの上にレールを設置し、ホッパー付きトロッコを乗せ、押し出し、ハーフブロックの上に落とす。
・更にトロッコが鉄フェンスに当たり止まるまで押し込む。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑤
・レールを手前の1ブロックを取り除きく。更にトロッコの上にブロックを設置する。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑥
・ラージチェスト側から見た写真。右からレール(平地)、パワードレール(斜め2つ)、ディテクターレール(停車位置)を設置する。
・出っ張ったブロック上のディテクターレールは、隣のディテクターレールを斜めにするために仮設置したもの。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑦
・仮設置したディテクターレールを壊し、ブロック(車止め)を置く。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑧
・ディテクターレールの隣にコンパレーターを設置。
・コンパレーターの先にブロックをおいて、写真のようにブロックを伸ばす。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑨
・コンパレーターの先のブロックの上にパウダー、隣にリピーター、鉄ブロック側面までパウダーを引く。
・パウダーが繋がった鉄ブロック側面にトーチを立てる。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑩
・トーチの側面にカーソルを合わせながら、フェンスゲートを設置。
(注:バージョン1.12までの場合、フェンスゲートの下にブロックなどがないと設置できない)

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方⑪
・フェンスゲートの位置は、ディテクターレール隣のパワードレールの上、1ブロック空けた位置。

完成図

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方 完成図①
 現在、アイテムを降ろしている最中ですが、コンパレーターが運送用トロッコの中身を感知し信号を鉄ブロックに送っているためトーチはOFFになり、フェンスゲートは閉じています。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム荷降ろし駅 作り方 完成図②
 アイテムが無くなると、コンパレーターからの信号が無くなり、トーチが再び点灯するので、フェンスゲートが開き、運送用トロッコは発車します。

高速トロッコ輸送アイテム積み込み駅【単線】

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 

 高速の荷降ろし駅があるのですから、積み込み駅もないといけませんよね。ということで考えたのがこちらです。
 荷降ろし駅が大きかったのに比べ、意外とコンパクトですよね。他にもチェスト付きトロッコでも使えるドロッパーで積み込む駅も考えましたが、トラブルも少ないこの駅を説明します。

積み込み駅の仕組み

 この駅は、アイテムを積み込みを始めたら、時間をカウントします。一定の時間が経過すると発車する仕組みです。
 運送用トロッコが一杯になると発車する仕組みも考えましたが、複数の種類のアイテムを積む場合、少ないアイテムがあると一杯にならず、発車できない状況になってしまいます。
 時間であれば、積載量に関係なく発車するので、アイテム輸送システムが停止することはありません。
 そこで、時間を計る方法ですが、高速アイテムエレベーターのときに使ったレッドストーン回路を使います。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 タイマー

 コンパレーターを10個ぐらい並べると、だいたいホッパー付きトロッコがいっぱいになるぐらいの時間になります。
 ホッパー付きトロッコがアイテムを積むと、コンパレーターが感知し、トーチを消します。動力がOFFなるので、トラップドアが閉まり(上がり)トロッコは発車する仕組みですが、並べたコンパレーターが信号(動力)を一時保管するため、タイムラグが発生します。その間にアイテムを積み込む仕組みです。
 また、ホッパー付きトロッコ専用です。すでに説明しましたが、ホッパー付きトロッコのアイテムの吸い込みは、あああああっという間です。

積み込み駅の作り方

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 作り方①
・レール、パワードレールとトーチ、ディテクターレールを敷きます。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 作り方②
・一番右のディテクターレールを撤去し、車止めのブロックを置きます。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅作り方③
・ディテクターレールの隣にコンパレーターを、その先にパウダーを設置します。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅作り方④
・写真のように2ブロックづつ掘ります。(コンパレーターの隣は1ブロック)

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 作り方⑤
・コンパレターから信号が伝わる順に、側面にトーチ、その下にパウダー、リピーター、トーチ、ブロック、トーチと設置します。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 作り方⑥
・2ブロック掘った穴に、コンパレーターを並べます。
・一番左にパウダー。向きに注意。
(ブロックで埋めると、目立ちません)

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 作り方⑦
・ディテクターレールの上にブロックを置き、上にラージチェスト、側面にトラップドア(上付き)で設置します。
・設置し終えたら、ブロックは壊します。以上で完成です。

完成図

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 積み込み中
 現在積み込み中の写真。ブロックの上のトーチが点灯しており、トラップドアは閉じています。

 注意:トラップドアは、本来平面に設置し落とし穴のように使うので、ONの状態が縦で開いた状態ですが、トロッコの説明上、ONの状態を『閉じた状態』として説明しています。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 発車
 時間が来た瞬間の写真。トーチが消え、トラップドアが開き、トロッコが出発します。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 タイマー
 トロッコにアイテムが積み込まれる前の状態。(ラージチェストが空の場合もトロッコは待機します。)
 トロッコ隣のコンパレーターは感知していないので、ブロック側面のトーチは点灯しています。ですので、鉄ブロック上のトーチは点灯しており、トロッコは発車できない状態です。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 タイマー②
 トロッコが積み込みを開始すると、側面のトーチは消えますが、並べたコンパレーターが、信号(動力)を一時保管していますので、トロッコはまだ発車しません。

Minecraft 高速トロッコ輸送 アイテム積み込み駅 タイマー③
 一定時間が経過した瞬間の写真。並べたコンパレーターも消えて、鉄ブロックの上のトーチも消えました。トラップドアが開き、アイテムを積載したトロッコが出発します。

 画像では、作動状況は分かりにくいかもしれないので、作り方も映した動画を作成しています。ぜひご覧ください。
 なお、動画の方では、ホッパーによる積み込み駅も説明していますので、まあ、参考程度でご覧ください。


Minecraft関連記事

(トロッコ関連)
【マイクラ】簡単なアイテムトロッコ輸送の荷降ろし駅の作り方
【マイクラ】高速トロッコ輸送の複線化に挑戦!
(その他レッドストーン回路)
【マイクラ】壊れない自動仕分け機の作り方(オリジナル)
【マイクラ】最速ドロッパー式アイテムエレベーターの作り方
【マイクラ】オリジナルビンゴゲームの遊び方

(^o^)ノシ

コメント