【マイクラ】簡単なトロッコ輸送の荷降ろし駅の作り方


スポンサーリンク

こんにちは、SAKURAです。

 アイテムを自動で運搬する方法はいろいろあります。一番簡単な方法がホッパーによる輸送です。その他にも水路を使った方法や、今回説明する、トロッコを使った輸送方法があります。(バージョン1.13対応)

トロッコ輸送の特徴

長所

・上にも運ぶことが可能(但し垂直は無理)
・ホッパー付きトロッコを使用すると、1ブロック上に落ちているアイテムを集めることができる
・レッドストーン回路を使用すれば、輸送先を変更できるなど、ギミック的なことが可能

短所

・鉄や金などが必要になるのでコストパフォーマンスは良くない
・たまにうまく行かず、トロッコが止まったり、逆走したりする

 他の輸送方法と比べるとコスパで劣ります。サバイバルでは資材不足が悩みの種です。
 ですが、トロッコは乗り物としても使え、ギミック的なこともできるので、やりこむほど楽しさが増えます。

簡単なアイテム荷降ろし駅の説明

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅
 構造が単純で作りやすい荷降ろし駅です。荷降ろしはホッパー1つで吸い出す仕組みなので遅めです。アイテムを全部降ろすと自動で発車します。自動収穫畑の収穫用にホッパー付きトロッコを使うと便利です。

荷降ろし駅の作動の説明

  1. トロッコがアイテムを積載して、荷降ろし駅に入ってくる
  2. コンパレーター横のホッパーの上を通過したとき、少しアイテムが吸い出され、コンパレーターが感知する
  3. コンパレーターから信号(動力)が出され、トーチが消える
  4. 鉄ブロック経由で伝わっていた信号(動力)がOFFになり、パワードレールは作動を停止する(パワードレールは信号がOFFのときはブレーキになる)
  5. トロッコが鉄ブロックにぶつかると停止する。
  6. トロッコ停止位置の下のホッパーが、トロッコに積載してあるアイテムを吸出し、コンパレーター隣のホッパーへ送り出す
  7. コンパレーター隣のホッパーはアイテムをラージチェストへ送る
  8. ホッパーがトロッコからアイテムを吸い出している最中は、コンパレーターが信号を出し続けるので、トロッコは停止したまま。
  9. 2つのホッパーがトロッコからアイテムを全部吸出し、ラージチェストへ送り出すと、コンパレーターはOFFになる
  10. トーチが再び点灯し、鉄ブロック経由でパワードレールに動力が伝わる
  11. トロッコが発車する

荷降ろし駅の作り方

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 作り方①
・5ブロック分地面を掘り、ラージチェトスを設置する。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 作り方②
・ホッパーを設置する。左(掘ってある隣)のホッパーはラージチェストへノズルを向ける。
・右ホッパーのノズルは左のホッパーへ向ける。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 作り方③
・ホッパーを背にコンパレーターを設置する。
・コンパレーター先のブロックの上にトーチを設置する。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 作り方④
・車止めとなるブロックを設置し、トーチとパウダーで繋ぐ。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 作り方⑤

・レールを引く。鉄ブロックの隣のブロックはパワードレール。
・駅進入の前に速度を上げたいので、2ブロック分パワードレールを敷き、隣にトーチを立てる。以上で完成。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 荷降ろし中
荷降ろし中の写真。ホッパーの中のアイテムをコンパレーターが感知し、トーチを消す。トーチの信号(動力)がOFFなので、鉄ブロックにも伝わらず、停車位置のパワードレールも、ブレーキの状態。

Minecraft トロッコアイテム輸送 簡単な荷降ろし駅 発車後
アイテムを全部下ろし、トロッコが発車した写真。手前のトーチが点灯し、鉄ブロック隣のパワードレールが作動している。

最後に

 今回は簡単な荷降ろし駅を説明しましたが、次回から私の考えた高速トロッコアイテム輸送システムの紹介をしたいと思います。

Minecraftレッドストーン回路関連記事

(トロッコ関連)
【マイクラ】高速トロッコアイテム輸送システム【単線】
【マイクラ】高速トロッコ輸送の複線化に挑戦! 

(その他レッドストーン回路)
【マイクラ】壊れない自動仕分け機の作り方(オリジナル)
【マイクラ】最速ドロッパー式アイテムエレベーターの作り方
【マイクラ】オリジナルビンゴゲームの遊び方

(^o^)ノシ

コメント