投稿

ラベル(Analytics)が付いた投稿を表示しています

アナリティクス 知らず知らずのうちに規約違反をしていました

今回も、ブログ再点検の話題です。
Google アナリティクスの記事を目にしました。 人生フリースタイル
Googleアナリティクス利用。あなたも規約違反していませんか!?
http://freestyle-lives.com/archives/193

内容を簡単に紹介すると、アナリティクスに関するプライバシーポリシーを設置する方法です。プライバシーポリシー設置の経緯を読んだとき、身に覚えがある事が書かれていました。

アナリティクスの画面を、キャプチャーすることは規約違反? Google アナリティクス利用規約
https://www.google.com/analytics/terms/jp.html

皆さんはすでに熟知していらっしゃると思いますが、私はトラッキングIDを取得する最初だけしかみていなくて、何が書いてあったかよく覚えていませんでした。

改めて読むと、4、排他的ライセンスの項目に、次のように禁止事項が書いてあります。
”お客様は次の行為を行わず、また第三者に次の行為を許可しないものとします。(i)本ソフトウェアまたは付属文書の複製、改変、改作、翻訳。派生物の作成を行うその他の行為。”Googleアナリティクス利用規約から引用
更に、5、機密保持の項目に、相手の同意なくして公開してはいけませんと書いてあります。相手とは、私から見るとGoogleのことです。(Googleから見ると私) 規約や規則は白黒はっきりせず、グレードの領域が多く存在します。 4、の禁止事項ですが、これは著作権に関連した禁止項目だと思えます。ソフトのプログラムを複製、改変、改作してはいけませんよという意味にではないでしょうか。 「派生物」これがよくわからないです。著作権の関係では、派生著作物(derivative works)となりますので、改作、翻訳を含めた他のソフトウェアや文書を作ることは禁止です、ということになろうかと思います。 キャプチャーすることは、デザインのコピーと考えられるので、禁止項目に該当する可能性が高いと思われます。
5、機密保持ですが、お互いの機密情報を連絡せずに公開しないことです。分かりやすい例は、私の個人情報(ちょっとニュアンスがちがいますが)を理由もなく、Googleは公表しない。ということでしょうか。逆もまた然りです。

分からないのは、PVなどが機密情報である…

【YouTube】新しいクリエターツール(YouTube Studio)が見やすくなって新登場(アナリティクス)

こんにちは、SAKURAです。🌸新しくなったYouTube Studio YouTubeにはYouTube専用のアナリティクスがあることを前にも書きましたが、アナリティクスを含めた、クリエーターツールが新しくなるようです。YouTube Studio (ユーチューブスタジオ)beta版として公開されています。



少し前まで機能不足で使い物にならないと思っていましたが、日々機能が追加されているようで、だんだん使えるようになってきました。特にアナリティクス関連は直感的で分かりやすい表示になっています。以前のクリエーターツールは、情報は多いけど、スプレッドシートみたいで、初心者の私には難しかったです。
インプレッションと再生時間の関係 YouTube Studioのアナリティクスで目を引くものは、視聴者へのリーチタブにある”インプレッションと総再生時間の関係”です。


簡単に言えば、ユーチューブのページ上に自分の動画のサムネイルが表示され、視聴者がクリックし動画を見たという情報です。

ユーチューブのページ以外はカウントされません。たとえば、私のブログに貼り付けた動画と見た場合や、Google+に投稿した動画を誰かが見た場合です。

これからわかる重要な要素は、ユーチューブが自分の動画をおすすめしているかということがまず1点。

これはユーチューブがその動画をどのように評価しているかに繋がりと思います。たぶんですよ。良質な動画であれば、ユーチューブは勧めてくれると思うんです。良質かどうかの判断基準は、視聴時間や視聴維持率だと思います。

それに加え、視聴者の興味やニーズ。ゲームしない人に私の動画を勧めても、見てくれないですよね。

次に、表示されても視聴者がクリックしてくれないと視聴されません。ユーチューブがおすすめで動画を表示してくれる場所は、動画再生ページの関連動画と、ユーチューブホームページ上です。

比較的、関連動画のほうがクリックさせる確率は高いです。
ホームページ上はクリック率は低い(たくさんあるから)ものの、幅広い視聴者へのアプローチが可能です。

そして、自分にできることといえば、タイトルやサムネイルを分かりやすく魅力あるものにすることです。
(また今度、私の考えを説明します。現状ではあまり説得力がない)
視聴者支持率 そして、今度はどこまで、どれくらい見てくれたとい…

【Blogger】数字は正確でなければ意味を成さないどころか、悪影響を及ぼす。(アナリティクス)

イメージ
こんにちは、SAKURAです。🌸
最近、YouTubeにしても、Bloggerにしても、めっきりアクセス状況の記事を書かなくなりました。思ったように数字が伸びないというのも理由の一つですが、特にBloggerに関しては、私が閲覧した数字がかなり含まれるため、公表を躊躇しています。
YouTubeに関しては、意図的に操作した影響が尾を引いて…(*´ω`*)

数字が正確で、単にアクセスが少ないだけなら、笑いも取れるから公表してもいいけれど、自分の閲覧した数字が含まれると、全体の数字が多くても少なくても、リアクションに困るんですよね。


統計の概要にある、自分のページビューの追跡を管理から、ページビュートラッキング設定で、自分の閲覧したページのカウントを除外できるはずなんですが、Firefoxのアドオンのせいなのか、それとも設定のせいなのか、うまくCookieが働きません。



閲覧者のブラウザ別ページビューの項目で、
Firefox 62% Chrome 34%

普及率から言って、おかしいですよね。ブラウザのシェアではChromeが圧倒的なんですから、何らかの因子が加わっていると見るべきでしょう。
ハイ、私が主に使うブラウザがFirefoxですね。

Googleアナリティクスには、フィルターという機能がありまして、該当する通信の情報を除外することができます。

ただ、このフィルターで自分をピンポイントで指定するのが難しいんです。まだ勉強不足ということもありますが……

一番簡単なのが、IPアドレス。自分のIPアドレスを入力することで除外できます。ただし、個人で利用する多くの場合は、IPアドレスはコロコロ変わります。

後、有効なのが住所。大まかな市とか区。私は田舎に住んでいますからほぼ正確な数字が出ますが、都会に済んでいる方ならこれでも誤差が大きくなると思われます。

また、住所のフィルタもスマホは無理です。スマホは田舎に住んでいても都会の住所にります。

いろいろ数字を眺めては、疑心暗鬼にとらわれる日々でしたが、PCに関しては、良い方法を見つけました。Google公式のアドオンです。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン
Google Chromeだけでなく、Microsoft Internet Explorer 11、Mozilla Firefox、Appl…