投稿

ラベル(YouTube)が付いた投稿を表示しています

YouTube 収益化の不合格理由『再利用されたコンテンツ』と『情報が不足』について考える

イメージ
こんにちは。SAKURAです。
 YouTubeについては、去年の申請で、いまだ審査中の方もいらっしゃると思います。早く合格通知が来ることを願っています。
 今回は、YouTube ヘルプフォーラムで相談された、不合格理由『再利用されたコンテンツ』について、私の考えを話したいと思います。
 おまけで、『情報が不足しているため保留』についての予想も、取り上げたいと思います。(著作権関連)

【YouTube】チャンネルのアイコンを作りました(チャンネル登録)

イメージ
こんばんは、SAKURAです🌸 最近、ちょっとだけYouTubeの再生回数が増えてきて、嬉しいです。ちょっとだけよ💟
100回超えが3本です。ジリジリと検索順位が上がってきてる感じでしょうか。このまま上位に食い込めると更に嬉しいんですけどね。

チャンネル登録数は、2名様ご案内。こんなにYouTubeを放置してるのに、我慢強く待っていてくださる。ホント神様みたいです。

そこで、
チャンネルの登録のアイコンを作ってみました
団体様ご案内になれば~~ヽ(=´▽`=)ノ

どこに飾るかといいますと、こんなの見たことありませんか?



上の写真が、YouTubeの画面です。下が右下隅の拡大写真です。
ブランディング(透かし)といいます 「チャンネル登録2」は、マウスのカーソルをブランディングに合わせると表示されます。
視聴者さんが、「何だ、このウザイマークは? グリグリ」としたら、チャンネル登録されるという、罠です。(嘘です)
ブランディングの作り方「ペイント3D」 初心者でも簡単に作れると思います。(経験者は語る)
使うソフトは、Windows10付属ソフト「ペイント3D」です。


このソフトは、昔からある「ペイント」に変わるソフトです。上位互換というのには、インターフェイスが違いますし、できることもいろいろ増えています。
(売りは名前の通り、3Dっぽい絵が書けるところ)

今回は文字の機能だけ使っています。桜の絵は、絵文字(🌸)、後は英語。(アルファベット)
CHはチャンネルの意味で、entryは登録ですが・・・・違うかな?

アルファベットにした理由はフォントの種類が多いからです。



背景は透明にします。キャンパスというのが背景ですが、通常は白です。「透明なキャンパス」をオンにします。


画像の大きさですが、1メガバイト(MB)以下で、正方形なら良いみたいです。
キャンパスの写真を見ると229×229ピクセルで作っています。(ペイント3Dに表示されているデザイン)これで、約9キロバイト(KB)です。

これは、作り直したアイコンで、415×415ピクセルで、41キロバイト(KB)です。
ともにPNGファイルです。(冒頭と同じファイルですが、冒頭は表示の大きさを調整しています)

※1メガバイト(MB)=1000キロバイト(KB)

大きいほうが、ジャギー(縁のギザギザ)が目立…

【YouTube】チャンネル登録ボタンの貼り付け方法(Blogger)

イメージ
こんばんは、SAKURAです🌸 「YouTube動画をブログへ貼り付ける方法」を三度に渡りお送りしました。今回シリーズ最後としまして、チャンネル登録ボタンの貼り付け方を解説いたします。

 YouTubeチャンネル登録ボタン やっと、お一人登録していただきました。実は登録していただいたのは初めてではないんです。以前の私なら、よころんで記事にしていたところですが……
初めて登録していただいときは、有頂天になりました。動画を面白いと思ってくれた人がいるんだと。それこそ記事にしようとした私。記事を書き始めて、スクリーンショットと撮ろうとしたら、(@_@)

外されていました。
登録ボタンを設定する 下のページに行きます。
YouTube>Subscribe Button「ボタンを設定する」
https://developers.google.com/youtube/youtube_subscribe_button?hl=ja 

Googleにログインする。(ログインした状態でここへ来てもOK)「チャンネル名またはID」の「ID」をクリックYouTube JPの自分の「アカウント設定」の「詳細設定」が開く「YouTube チャンネルID」をコピー先程のページに戻る「YouTube チャンネルまたはID」の”GoogleDevelopers”を消去して、コピーしたIDを貼付ける「レイアウト」の▼をクリックし「フル」にする「テーマ」はデフォルトのまま「チャンネル登録者数」はデフォルト(表示)のままプレビューで確認(「レイアウト」「テーマ」「チャンネル登録者数」はお好みで変更)表示されたコードをコピー  Bloggerでの設定 Bloggerからレイアウトを押すサイドバーの「ガジェットの追加」を押すポップアップしたウインドウから「HTML/JavaScript」を選ぶ先ほどコピーしたコードを「コンテンツ」へ貼り付け、保存を押すガジェットの位置を変更する(動画の下、自己紹介の下など)レイアウト画面の「配置を保存」を押すプレビューを押して確認する
登録後ボタンのレイアウト

世の中そんなに甘くない 登録ボタンを配置したからといってと、登録が増えるとは思いません。実際そうですし。(T_T) まあ、デザインの一つみたいなものですね。YouTubeチャンネルを持っているというお知らせにはなると思います…

【YouTube】サイドバーに貼り付けた動画をきれいに表示させる方法(Blogger)

イメージ
こんばんは SAKURAです🌸 ブログにYouTube動画を表示させる方法を二度に渡ってご紹介しましたが、さらなる最適化ということで、大きさの調整を完璧にする方法(当社比)をご紹介します。

ちょっとだけ難しくなりますので、自信のある人だけ試してください。(基本的に自己責任でお願いします)
アスペクト比を保ちながら、動画の大きさを自動調整する 参考にさせていただいたブログがこちら webclips
Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
http://design.webclips.jp/youtube-movie-size/

正直、仕組み云々を説明する力量はありません。なんでしょうね。HTMLで書いたコード(ブログラム?)をCSSできれいにレイアウトして見せるってことでしょうか。第1回のYouTubeの動画を埋め込む方法と第2回のサイドバーに貼り付ける方法と、これから説明するHTML&CSSの記述の方法の合わせ技だと理解してください。

HTMLにコードを追加する 前回、ガジェット(コンテンツ)に貼り付けたコードの前に<div class="movie-wrap">を、後ろに</div>を追加します。width="100%”を元の数字に戻します。(100%でもいいと思うけど、最初から100%にする必要がない)


このコードはwebclipsさんより引用させていただいております。 写真をクリックするとテキストファイルが表示されます。

<div class="movie-wrap">
<iframe width="480" height="360" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/videoseries?list=PLx3u7aQZvvTIwau6E755AZumQrTXFaVNn" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>
</div>

なお、説明した動画はアスペクト…

【YouTube】動画をブログのサイドバーに貼り付ける方法(Blogger)

イメージ
こんにちは、SAKURAです🌸

前回に引き続き、サイドバーに登録する方法をご説明します。
テーマはEmporio
サイドバーに配置するなら、Emporio が一番向いていると思います。なぜなら、ホームのサイドバーとアイテムページ(つづきを読むで表示される記事本体)のサイドバーがそれぞれ独立しているからです。

スマホ表示の場合、ホームのサイドバーはハンバーガーボタン(三みたいなやつ)を押さないと表示されません。普通押しませんよね。なんとかスクロールで表示させたい。そこで Emporioです。(全種類のテーマを確認していないので他にもあるかも)目的の記事を読んだ後に表示させることが可能です。
YouTube再生リストの埋め込みコードを取得する
今回は動画を再生リストで説明します。開き方から。
クリエターツール(従来)から「動画の管理」の「再生リスト」を押す。一覧から、組み込みたい再生リストの右にある編集を押す。再生リストの自分の名前の左にある「編集」を押す。編集リストタイトルの下にある「共有」を押す。ポップアップウインドウの「埋め込みコード」を押して、さらに「もっと見る」を押す。動画大きさを選ぶ。一覧に適当なのがない場合はカスタムを選ぶ。カスタムは、縦横どちらかの数字をいれると自動で計算してくれる。埋め込みオプションを選ぶ。上のコードを選択しコピーする。Bloggerにもどり、レイアウトを押す。Sidebar(ItemPage)の「ガジェットを追加」を押す。ポップアップした一覧からHTML/JavaScript を選ぶ。「HTML/JavaScript」の コンテンツに先ほどコピーしたコードを貼りつける。width="100%"に書き換える。各種パラメータを追加する。(前回の投稿を参照のこと)タイトルにおすすめ動画とか、適当に入力する。なしでも可。保存を押す。Bloggerレイアウト画面右上にある「配置を保存」を押す。 ブログホームのサイドバーに表示する場合も同じようにします。同じ作品でよければコピペします。





ブログのホーム
アイテムページをPC画面いっぱいで表示した場合
小さくしたウインドウで表示した場合
ただし、ホームのサイドバーは調整できますが、アイテムページのサイドバーは現状調整できません。また、PCは画面がほとんど横長ですが、スマホは、縦と…

【YouTube】動画をブログの投稿記事に簡単に貼り付ける方法(Blogger)

イメージ
こんにちは、SAKURAです🌸 YouTuberのハシクレですから、どうしても自分のUPした動画をPRしたい訳です。試行錯誤の上、ある程度納得できる配置がなりましたので、その方法をお知らせします。

配置場所ですが二通り考えられます。投稿記事に埋め込む方法とサイドバーに埋め込む方法です。
投稿記事にYouTubeの動画を挿入する
一つ目は、誰でもできる簡単な方法です。
ツールバーの「動画を挿入」を選んぶ。
「動画を追加画面」ウインドウが開くので、「YouTubeマイ動画」タブを押す。目的の動画を一覧から選んでクリックし、「選択」ボタンを押す。 これだけで完成です。動画にしたら、数十秒で終わっちゃった。(^_^;)
埋め込みコードを取得してYouTube動画を埋め込む

埋め込みの基本的な流れは以下のとおりです。
埋め込みたいYouTube動画のメージを開きます。「共有」ボタンを押す。「共有」ウインドウの「埋め込み」ボタンを押す。スクロールして「埋め込みオプション」の「動画が終わったら関連動画を表示する」のチェックを外す。「プライバシー強化モードを有効にする」にチェックを入れる。「コピー」ボタンを押す。ブログの記事の作成画面にもどり、HTMLモードにする。挿入したい箇所にカーソルを持っていき、貼り付ける。(シュートカットキー、Ctrl+VでもOK)作成モードに戻す。   いろいろカスタマイズもできます。ノーマル設定では、動画終了後に関連動画が表示されますが、他人の動画も表示されます。せっかくのお客さんを取られてしまいます。ですので、オプションの「動画が終わったら関連動画を表示する」を無効にします。
5.で「プライバシー強化モードを有効にする」にチェックを入れる。にしていますが、別に入れなくてもいいようです。再生するまでに、Cookieを保存させるか、させないからしいです。ただ、このブログの場合、プライバシーポリシーを掲載してる関係で、一応入れた設定にしています。YouTubeのことは書いてないですからね。
その他の設定として、埋め込みコードを修正したり、追加したりすることでカスタマイズできます。

参考にさせていただいたブログ
ちもろぐ
Youtubeの埋め込みを使いこなす、20個のテクニックまとめ
http://chimolog.co/2017/06/blog-yout…

【YouTube】新しいクリエターツール(YouTube Studio)が見やすくなって新登場(アナリティクス)

こんにちは、SAKURAです。🌸新しくなったYouTube Studio YouTubeにはYouTube専用のアナリティクスがあることを前にも書きましたが、アナリティクスを含めた、クリエーターツールが新しくなるようです。YouTube Studio (ユーチューブスタジオ)beta版として公開されています。



少し前まで機能不足で使い物にならないと思っていましたが、日々機能が追加されているようで、だんだん使えるようになってきました。特にアナリティクス関連は直感的で分かりやすい表示になっています。以前のクリエーターツールは、情報は多いけど、スプレッドシートみたいで、初心者の私には難しかったです。
インプレッションと再生時間の関係 YouTube Studioのアナリティクスで目を引くものは、視聴者へのリーチタブにある”インプレッションと総再生時間の関係”です。


簡単に言えば、ユーチューブのページ上に自分の動画のサムネイルが表示され、視聴者がクリックし動画を見たという情報です。

ユーチューブのページ以外はカウントされません。たとえば、私のブログに貼り付けた動画と見た場合や、Google+に投稿した動画を誰かが見た場合です。

これからわかる重要な要素は、ユーチューブが自分の動画をおすすめしているかということがまず1点。

これはユーチューブがその動画をどのように評価しているかに繋がりと思います。たぶんですよ。良質な動画であれば、ユーチューブは勧めてくれると思うんです。良質かどうかの判断基準は、視聴時間や視聴維持率だと思います。

それに加え、視聴者の興味やニーズ。ゲームしない人に私の動画を勧めても、見てくれないですよね。

次に、表示されても視聴者がクリックしてくれないと視聴されません。ユーチューブがおすすめで動画を表示してくれる場所は、動画再生ページの関連動画と、ユーチューブホームページ上です。

比較的、関連動画のほうがクリックさせる確率は高いです。
ホームページ上はクリック率は低い(たくさんあるから)ものの、幅広い視聴者へのアプローチが可能です。

そして、自分にできることといえば、タイトルやサムネイルを分かりやすく魅力あるものにすることです。
(また今度、私の考えを説明します。現状ではあまり説得力がない)
視聴者支持率 そして、今度はどこまで、どれくらい見てくれたとい…