Blogger

タグを使用し段落と一字字下げスタイルにする

 最近、Bloggrにアップデートがあった。使いやすくなったと思う反面、操作方法が変わり使いづらくなった、機能が削除されたなどのマイナス面もあると思う。さらなる向上を期待したい。

 今回のアップデートで個人的に一番嬉しかったことは、<p>タグが使用可能になったことである。以前から「段落を形成」「一字字下げ」のスタイルで記事を書いていたが、いろいろ面倒なことが多かった。
 例えば、行間を大きく広げるには改行を行う、文章と画像との間隔が狭いなど。<div>タグを代わりに使っていたが、<div>タグのCSSの設定は他にも影響するため使えなかった。

 <p>タグを使用することによってCSSでスタイル設定が可能になり、またインターフェイスの変更により、より使いやすくなっている。

段落、一字字下げについて

 ご存じとは思うが国語には形式段落と意味段落がある。

 国語についての説明は行わないが、段落を形成することでGoogle botへ伝わりやすくなるのではないかとか個人的に考えている。
 最近の大手のニュースサイトでは形式段落と一字字下げのスタイルが多い。段落間の行間はそれ以外より広くなっている。

 一字字下げについては単に読みやすさだと思う。(以前は空白行が形式段落)

 なお、Blogger(公式テーマや同行編集画面)で<p>タグを使用すると、段落と段落の行間はそれ以外の長い文や改行タグ<br>などの行より自動で広くなるので便利である。

記事の書き方、操作方法

(段落と書かれているアイコン)

 メニューバーの「見出し」アイコンの中に「段落」が追加された。書き始めの行を段落に設置すると、以降すべての文に<p></p>が自動的に追加される。
 見出しを含め文章を先に書き、適当なところまで書いたら、見出しや文字の色などのスタイルを整えるという具合にしている。
 ただし、一字字下げは最後。

 余談だが、見出しアイコンに「主見出し」が追加されたが、これはルール上ページで1回しか使用しない見出しタグ(<h1>)であり、記事中では使用しない事。(ブログ名、記事タイトルなどで使用される場合が多い)

形式段落と意味段落

 この記事をお読みになって気が付かれたと思うが、改行でも行間の違いがある。幅の広いところは</p>と次の<p>との間。狭い行間は改行タグ(<br />)である。シフトキー+エンターキーで<br/>が挿入される。

 そもそも、意味段落は形式段落の集まりで、国語の教科書に載るような文豪の書いた小説であればもっと大きな範囲の塊だと思う。(形式段落も大きい)ただ、Webページには見出しがあり、それが意味段落の代わりでもあると言える。

 <p>~</p>内で<br />を使うのは、私の好みではあると思う。

HMLビューを使用する

(ペンの絵柄は作成ビュー)

 メニューバーの一番左にあるビューの切り替えで「HTMLビュー」というものがある。 ちょっとした記事なら使う必要はあまりないが、切り貼りやスタイル変更を頻繁に行うと、不要なタグが残ったままとなる。不要なタグがめちゃくちゃ多いと僅かながらページの読み込み速度が遅くなるので綺麗な方が良いと思う。

※本当に影響がないぐらい僅か。気持ちの問題。

HTMLの書式を設定アイコン

(ハンバーガーボタンをずらしたようなアイコン)

 空のタグなど不要なタグがあるか調べるとき「HTMLの書式を設定」アイコンを押すとを、タグ区切りで改行され検査しやすくなる。
 しかし、一字字下げは消去されてしまう。
 なので、段落先頭の一字字下げの処理は検査後、記事完成直前に行っている。(スペースキー押してスペースを入れるだけ)

おわりに

 この記事を読んで、段落一字字下げのスタイルが見やすい読みやすいと感じたならば、ぜひご自身もブログでも導入していただきたい。

 私もまだまだ下手なので日々精進していきたい。毎日書けば文章も上手になると思うが……。
(;^ω^)

コメント

このブログの人気の投稿

【Blogger】登録をして、まず何をしなければならないか(設定方法)

Blogger ブログのメタタグ「検索向け説明」の書き方の説明(及び上級者向け思考)