アドセンス不合格理由『価値の低い広告枠』についての思考

 アドセンス(Google AdSense)審査の合格は、数年前に比べ難しくなったと言われます。AdSenseヘルプフォーラムでも、合格対策の相談が数多くあります。
 最近のアドセンスのポリシー違反の通知は、次のようなものがあります。(箇条書きは予想です)



価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について
AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには Google 広告が表示されません。これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれます。
詳しくは、Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインで、付加価値がほとんどなく、内容が薄いコンテンツに関する記事をご覧ください。
アドセンスの不合格通知より引用
 コンテンツが複製されているサイトと書かれていますが、他のサイトをコピーした場合に限りません。ネット上にあふれる、ありふれた情報のみのページも該当します。自分のサイト内でも、非常に似通った記事があれば該当するするかもしれません。
  • 他のサイトと類似したありふれた情報のサイト
  • 他のサイトのコンテンツをコピペ、リライトしたサイト
  • 低品質なアフィリエイトサイト(販売元の情報をコピペ、リライトした情報しか掲載されていない)
  • 内容が薄いコンテンツへのリンクが追加された(品質に関するガイドライン)

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分のサイト)

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分のサイト)につい
AdSense 広告を表示するサイトでは、ユーザーにとって価値のある情報を掲載することが重要です。それには、ユーザーの関心に沿ったオリジナルなコンテンツを提供し、自動生成されたページやオリジナル コンテンツのほとんどない不適切なページを使用しないようにします。
アドセンスの不合格通知より引用
  • 記事数、または1ページあたりの字数が不足している
  • クローラー(AdSensebot)に情報がうまく伝わっていない

価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)

価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について
AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには、修正が行われるまで Google 広告が表示されません。これには、広告配信専用ページやコンテンツのないページが含まれます。
アドセンスの不合格通知より引用
  • 引用が部分が非常に多い
  • 独自性のあるコンテンツ以外(埋込動画などの他のサイトのコンテンツ、画像)だけのページがある
  • YMYLの分野と判断された場合もこの通知が来るかもしれない。(信用度の低い執筆者の場合、コンテンツがないと判断しているかもしれない)
 その他の不合格理由は、記事最下部【付属資料:「価値の低い広告枠」以外の不合格通知の雛形とそれらの解析で解説しています。後ほどご確認ください。

価値の低い広告枠の具体例

  • 別のサイト(情報源)からテキスト コンテンツをコピーしたページ(リライトしたページ、内容をパクっただけのページを含む)
  • 別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト
  • 情報としての価値がない(ありふれた)コンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト
  • 重複コンテンツを掲載するテンプレートサイトなどの既製のウェブサイト
  • 自分のサイト内で重複する、または類似のコンテンツがある
  • クローラー(AdSensebot)に情報がうまく伝わっていない
 価値の低い広告枠の通知は3種類がりますが、明確な違いは分かりません。共通して言えることは、独自性のあるコンテンツが付加されていないことです。
 中でも一番相談の多い(コンテンツが複製されているサイト)について、まずは考えてみたいと思います。
「価値の低い広告枠」以外の条件については、アドセンス合格の基準をSEOの観点から考えるの記事で解説しています。

中でも(コンテンツが複製されているサイト)の相談が多い

 相談者の多くは次のように述べられます。
「私は他のサイトからのコピペはしてはいない」
 またある相談者は、
「コピペチェックツールで30%だった」
 これらについて、私は次のように思います。
『記事の内容が似ているから』
 コピペをしていないのに記事が似てくる原因は、コピーはしていないが参考にしている。または、記事の内容が浅くありふれていると、他人がすでに記事にしているためであると考えられます。(1対1の比較ではないと思うが、このようなイメージ)

コピペチェックツールが「コンテンツが複製されているサイト」対策にならない理由

 コピペチェックツールの判定が良好なサイトでも、コンテンツが複製されているサイトと判定される理由は、Googleの判定の仕組みが違うからです。
 コピペチェックツールでは、自分の記事1ページと一番似ている記事1ページを比較しているのに対し、Googleの判定は自分の記事1ページと全世界の日本語のページを比較しています。延べで計算すると、4サイトあれば100%コピーです。
 AdSenseヘルプフォーラムのある人のアドバイスで、「コピペチェックツールで30%ならば、記事の30%をコピペしている」という言葉に衝撃を受けました。そのように聞くと、本当はコピペしているのでは? と疑ってしまいます。
 実際にコピペをしたかどうかは置いといて、高い一致率と判定された文章を、類似した単語に置き換えてアップするいう、Googleを欺くような手法も、あまりおすすめできません。
 何ページにも及ぶ不自然な日本語の記事は、自動生成されたコンテンツと見られる可能性があるからです。このように判定された場合、Google検索に表示されなくなります。無論、広告は掲載できません。Googleを騙す行為はAdSenseアカウントの剥奪もありうると思います。
 単語の置き換えでなく、独自の情報を加えた記事を一から書いたほうが無難かなと思います。(情報を加えたのなら、効果的な構成も考える必要があるから)
※コンテンツが複製されているサイトを判定するアルゴリズムは、同じ(または類似)のジャンル(またはトピック)のページ(またはサイト)をグループ化しています。グループ内にある情報を調べ、他のサイトにない情報を多く含んだページに高評価を与え、ページに含まれる情報が他のサイトとほとんど共通するページには、低評価(ペナルティ)を与えます。 

コピペチェックツールと違うGoogleの検索のアルゴリズム

 更に、Google検索アルゴリズムは、同じテキストの部分を調べるわけではありません。
 Google検索は関連性の高いページを探し出す前に、入力した単語の分析を行います。
 例えば「電球の変え方」と入力した場合、「電球の入れ替え」という意味でもあると解釈しページを探します。
 ”の” (接続詞など重要でない語句)は、無視します。
 インデックスされているページを、一段落程度コピペしてGoogle検索で検索してみます。同じページがヒットしますが、同一であることを示す太文字は、スニペット(説明文)の一部です。
 太文字になる単語の傾向は、名詞や状態を表す単語文末の”ある””ない”(YES or NO)など。
※太文字の単語を組み合わせて検索している。これをクエリという。
 つまり、コピペチェックツールの数値が良好でも、リライトした記事ならば不合格になります。
 また、類似のページがネット上に存在していなくても、価値のある情報が含まれていなければ、アドセンス合格は難しいです。
 コピペチェックツールの数字で判断するのではなく、それぞれの記事の想定するキーワードで検索し、類似しているか、どちらの記事が優れているかを、目で見て判断したほうが有意義です。
 自分の目(品質の優れたコンテンツかどうか判断する基準)を養うことは、合格の近道になると思います。
※全世界で全く被らない独自情報は、皆無だと思う。類似しているページが少なければ、独自性のあるコンテンツと判断されるのではないか?
参考資料
Google検索「検索アルゴリズムの仕組み」
https://www.google.com/search/howsearchworks/algorithms/
 Googleはサイトやページを、同じジャンルのその他多数のサイトやページと比較する方法の特許を取得してます。それらをGoogle検索のアルゴリズムに組み入れています。
 コピペチェックツールがGoogle検索と同じように判断するには、その特許を利用しなければ同じ答えは得られませんが、それにはGoogleの許可が必要です。
 そう考えると、同じ基準で判断している訳ではないと思います。
※コピペチェックツールは、自分の著作権を守るためのチェックには有効だと思います。コピペした記事を、コピー判定回避のためチェックツールを使っても、合格しないでしょうし、検索でも上位にランクインはできないと思います。(著作権関連は表現が保護対象となるため、ある意味では有効かな?と思わなくもないが、正規な引用をした方が、独自コンテンツとの区別が付きやすいため有利ではないかと思う)

価値の低い広告枠はペナルティーと思われがちだが、対局に価値の高い広告枠が存在する

 3種類の「価値の低い広告枠」のがありますが、共通点は独自性のあるコンテンツ不足(または、皆無)です。
 何も書かれていない真っ白なページにアドセンス広告を貼ったら、ポリシーの違反になることは想像が付くと思います。点数を付けるとするのならば「0点」です。
 真っ白なページに、他の情報源のテキストのコピーや埋込コンテンツ、広告など(価値のない質の低いコンテンツ)を貼り付けただけでは、やはり「0点」です。(10点ぐらいは貰えるかもですが……)
 仮に、アドセンスの合格ラインが50点とするならば、独自性のあるコンテンツを50点分付加すれば合格になります。
※価値の低い広告枠という文言はヘルプ等には(たぶん)ない。あるのは、広告の表示に関するポリシーの「価値の高い広告枠」の基準と、品質に関するガイドラインの「価値のない質の低いコンテンツ」の基準である。
 ですが、50点程度の評価ではGoogle検索で1ページには表示されません。100点、120点、ライバルの多いトピックで200点と、質の高い独自性のあるコンテンツをフンダンに付加する必要があります。Google検索で1位を取ると格段に検索流入が増えます。
 1位を取ったページは、たくさんの読者の目に触れるため、広告収入も増えます。これが「価値の高い広告枠」の最高ランクであり、評価基準は無数のライバルがいるために青天井です。
 つまり「価値の低い広告枠」or「価値の高い広告枠」は、アナログ的な基準であり、高いほど良いことになります。ただし、実際の検索順位は200以上のシグナルをもとにランク付けされているため、独自性が高いだけでは1位にはなれません。(関連性、信用性、表現力なども必要)
《前略》
今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
《以下省略》

独自性のあるコンテンツとは具体的に何なのか?

 価値の低い広告枠の理由で不合格の場合は、他のサイトと被らない、独自性のあるコンテンツ(オリジナルコンテンツ)のサイトに修正して、再申請をする必要があることは理解して頂けたと思います。
 しかし、具体的にどのようなコンテンツで申請すればよいのか悩んでしまいます。
 これについては、私も灯台下暗しでした。AdSenseヘルプに、具体例の記載がありました。
別のサイトの記事や埋め込み型動画など、外部のコンテンツを使用する際はご注意ください。最も重要なのは、専門家の知識、何かを改善する方法、クチコミ情報、自分のアイデアなど、他にはない独自のコンテンツを掲載することです。
コンテンツ ポリシーで定められているように、AdSense 広告は、独自性がないコンテンツや著作権で保護されたコンテンツを掲載しているサイトには表示できません。そのようなコンテンツへの広告掲載はポリシー違反に該当するため、広告配信の停止やアカウントの閉鎖につながる場合もあります。

 自分の得意分野のコンテンツで申請をしなさいという意味で、ほぼ間違いないと思います。
 しかし現状は、まだそこまでの難易度ではない気もします。合格したサイトを見て回るとそんな気がします。(あくまでも理想?)
 ですが、AdSenseフォームで相談される人のサイトを見ると、今まで通りのやり方では通用しないと思えます。不合格の相談者のサイトの方が、合格したサイトよりもレベルが高いと思うことも多いのです。
 また、ジャンルによって難易度は変化するかもしれません。
 また、合格しても安心は出来ません。記事の品質が悪ければ広告が表示されないケースもありますので、Googleの基準はよく理解する必要があると思います。

100%オリジナルコンテンツである必要があるのか?

 アドセンス審査の合格基準は、以前より上がったと思いますし、今後も上る可能性もあります。ですが100%オリジナルコンテンツのサイトを作ることは不可能ではないでしょうか?
 今書いているこの記事も、多くの引用や参考情報を利用しています。読者に詳しく正確に説明するためには、皆が認める客観的な情報がどうしても必要になります。
 これについては、ウエブマスター向け品質に関するガイドラインに、その糸口を探してみます。
無断複製されたコンテンツ
ウェブサイトの中には、サイト上のページを増やすことがそのコンテンツの関連性や独自性に関係なく長期的に効果的な戦略になるという考えの下に、評判の良い他のサイトのコンテンツを流用(「無断複製」)しているサイトもあります。高品質のソースからのものであるとしても、無断で複製しただけのコンテンツは、サイトで他の役立つサービスやコンテンツを提供しない限り、ユーザーに付加価値を提供するとはいえません。場合によっては、著作権侵害にあたるおそれもあります。他のサイトと差別化する独自のコンテンツを作成するために時間を使う方が有意義です。
{中略}
無断複製されたコンテンツの例としては、次のようなものが挙げられます。
・他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
・他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
・何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
・ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト
「無断複製されたコンテンツ」と「価値の低い広告枠」は、ほぼ同じ趣旨です。「価値の低い広告枠」という言葉は、最近のアップデートで出てきた言葉であり、以前のルールは「無断複製されたコンテンツ」を拠り所にしていました。
 タイトルを見る限り、これもコピペ禁止と思えますが、よくよく読んでみると、多少表現が違うことが分かります。
 注目すべきは、『独自のコンテンツや付加価値を加えることなく』『若干の修正を加えた上で転載』『何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく』『埋め込んだだけ』の文言です。つまり、独自情報や独自の利便性などを付加すれば、無断複製されたコンテンツは、「価値の高い広告枠」に変化するということです。
(ただし権利的にクリアしている必要はある。また、権利的にクリアしていても、それだけでは無断複製されたコンテンツである)
 アドセンスからの不合格通知「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」にも、『第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに』という文言があります。

価値の高い広告枠と低い広告枠を種類別に分類

 価値の低い広告枠のページに独自性のあるコンテンツを付加すれば、価値の高い広告枠になると申しました。価値の低い広告枠のコンテンツが含まれていても大丈夫という主張です。
 ここまでのおさらいも含め、独自性のあるコンテンツと価値の低い広告枠のコンテンツ(独自性のないコンテンツ)の具体例を上げたいと思います。

独自性のあるコンテンツの具体例

  • 専門家の知識 
    • 自分の趣味や得意分野の情報
  • 何かを改善する方法
    • 自分の経験から編み出した対処法、改善方法
  • クチコミ情報 
    • 小規模ネットワークの情報、口頭コミュニケーションの情報
    • インタビュー取材
    • ネット上の口コミサイトの情報ではない
  • 自分のアイデアなど
    • 閃きを具現化したもの
    • 複数の客観的情報や経験を元にした新たな論理や主張

独自性のないコンテンツ(価値の低い広告枠のコンテンツ)の具体例

  • 他社広告
    • アフィリエイト広告(広告そのもの)
    • 商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーしただけの記事
    • 他社を含めた広告の量(枚数)は独自性のあるコンテンツと比較し、一定量以上掲載すると、AdSenseガイドライン違反になる。つまり、アフィリエイトを導入すると、その分AdSense広告は減らされる。
  • 画像
    • 著作権フリーの画像は、他のサイトにも掲載されているし、自分で写したものでないので価値の低い広告枠
    • 自分で写したオリジナルの画像やイラストは、独自性はあるものの、機械的に画像の良し悪しを判定出来ないので、画像だけでは合格できない。
    • ただし、オリジナル画像はSEO的には若干のプラス作用あると言われている。Google画像検索では、同一の画像を検索できるので、数が少なければそれだけ独自性があると判断される可能性はある。
    • 人の目(読者や審査官)で見る場合はオリジナル画像の方がよい。特に固有名詞の被写体を著作権フリー画像に置き換えると、記事の信頼性を損ねる。
  • 他のサイトの埋め込みコンテンツ
    • YouTube動画、インスタグラム、埋め込みTweetなど(自分の著作を含む)
  • 他のサイトの情報やありふれた情報
    • 引用、出典、手法を問わず他の多くのサイトにある情報は、独自性のあるコンテンツとは言えない。
    • ただし、適正な引用は自分の考えや論理の信頼性を高める。(主観《独自コンテンツ》と客観情報の関連性を強める)

独自性以外の考え方で、合格しにくいと考えられるコンテンツ

  • YMYL「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」
  • 抽象的なアドバイス、タイトルと内容が一致しないページ
  • 自社の事業をPRするページ
  • アプリ等をダウンロードするページ(サイト全体の意味ではない)
  • などなど

良質なコンテンツの作り方?

 価値の高い広告枠の最重要ポイントが、独自性のあるコンテンツであるとこは理解していただけたと思います。ですが記事を作るとき、どのように作ればよいのかは悩みどころです。
 あなたが、そのジャンルの第一人者であったとしても、表現方法が悪ければ正当な評価はもらえません。
 また初心者はアドセンスに申請することさえ出来なくなります。
 このあたりを、ゴニョゴニョ、ウダウダと考えてみます。
 まずご覧頂きたいのは、次の記事です。
ウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトを作るアドバイス」
https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html
 この中から、独自性に関する項目を上げ説明します。
この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
 これは熟知している方がよいです。自分の得意分野の事柄をブログの記事にしましょう。

サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
 記事を書く際に、同じ内容の事柄、特に重要なキーワードが被るような記事は1つの記事として作成してください。多くの場合、検索では1つの記事しか表示されません。例えば北海道旅行1日目、2日目のような構成(タイトル)にはしないでください。

 どうしても2つの記事に分ける必要がある場合は、違いを明確に表現する工夫をしてください。(読者の検索キーワード《クエリ》を想像し、項目別に構成を考えるなど)

このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
 この問の答えは、ユーザーの興味だと思いますが、アドセンスの合格を考えた場合は、両方考えないといけないと思います。なぜならユーザーの反応は、同額の基準にはあまり含まれないと思うからです。

 またユーザーの興味が高いトピックは、記事にするライバルも多いはずです。独自性は他のサイトと比べてあるかないかですので、人気のあるトピックはそれだけ難易度も高いと思います。
 ランキング上位を狙おうとすれば、ニッチなジャンルが有利になるのではと思いますが、収益についてはあまり望めないかもしれません。
 
 そもそも、自分の得意な分野でなければ、独自性のある記事は書けません。
 一番の悪手は高収益を狙って、ライバルの多い不得意のジャンルを選ぶことです。

この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
 その通りですね。分析すること、研究すること、いっそう独自性を高めます。

同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
 記事を書く前から、他のページは見ておくほうがよいと思います。書こうと思った同じことが検索の上位のページに掲載されていたら、やめておいたほうが無難です。
 経験を重ね、違いを表現できると確信したとき、そのトピックについて記事にすれば、独自性のある記事が書けると思います。
(彼を知り己を知れば百戦殆うからず)

この記事は物事の両面をとらえているか?
 これについては両面と言わず、様々な面から見てみる、考えてみる必要があります。例えば、読者視点で考えてみることです。読者は初心者なのか上級者なのか?
 基本的には初心者をターゲットにして記事を書いたほうがよいと思います。上級者向けの記事を書くためには、それだけ専門的な知識が必要になります。
 初級者向けに書くのなら、難しい情報を分かり易く平易な単語を使い解説する。解説がユニークなら、独自性のある表現方法となります。
 また、読者の好みの違いも考える必要があります。
 例えばグルメの記事で、A店のメニューの中では塩ラーメンが一番美味しいと思っても、読者の中にはとんこつラーメンの方が好きな人もいます。とんこつラーメンの味も伝える必要があります。
 とんこつラーメンが自分の口に合わなくても、記事で正確な味を表現してあれば、「脂ぎったコテコテの、骨を焼いたような匂いのする博多ラーメン」を好む人は、不味いと書いても、食べてみたいと思うかもしれません。
(私の口には合わなかったが、〇〇な味を好む人にはたまらないと味だと思います)
※実はこれ私のこと。不味い博多ラーメンが食べたい。
 私は「オススメ」という言葉が嫌いです。記事の最初で「オススメ」とかくと、批判的な内容が書けなくなります。その分だけ情報が減るので浅い内容の記事になります。
 全部の記事で「オススメ」する人は、ほとんど一つの商品、一つの料理の情報しかありません。あったとしても値段ぐらいです。
 タイトルや冒頭で「オススメ」と書かない人の記事の多くは、長所短所どちらの記載もあり客観的に書かれています。経験も客観的に書こうとするケースが多いと思います。
 複数の商品や料理を比較する手法が多く用いられ、その中で一番なのはどれか、または、コストや性能などの面からどれがよいという手法が多く用いられていると思います。
 情報が多いということは、他のサイトと比べ独自性のあるコンテンツと判断される可能性が高いと思います。

このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
 これは信用性についての問です。プロフィールで経歴などを記載方法もあります。
 また継続的に良質の記事を書き続けることで、評判が上がると思います。

記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
 情報の発信者として優れた能力がなければ、 読者を唸らせる記事は書けません。他のサイトと比べ独自性のある記事は書けません。
 洞察力は、情報収集能力だと思います。分析力は、同じ単なる情報をより有益な情報に変化させる力だと思います。
 洞察力と分析力は相互作用します。情報が多ければ有益な情報も増えますが、疑問も増えることがあります。その疑問を解決するには、更に多くの情報が必要になります。
 このスパイラルを構築することができれば、記事は増え品質も上がり、読者は増える一方だと思います。

学問なき経験は、経験なき学問に勝る※イギリスのことわざ 

 具体的な方法として、AdSenseヘルプフォーラムでは経験を書きなさいとよくアドバイスされます。経験は同じことを体験しても、細かな事柄は違ってくることが多いからです。それらを詳しく書くことで、独自性のあるコンテンツと判断されやすいと思います。
 執筆者が初心者である場合は特に、上級者が考えない疑問や思わぬ失敗、更には勘違いをすることもあると思います。このような経験を書くことで、独自性もアップしますし、同じ初心者の読者にとっては、反面教師として収益な情報になるのではないかと思います。
 このような経験をすることで、特定の分野においては、上級者よりも詳しくなるかもしれません。

情報の関連付けが大切

 アドセンスでは独自性が最重要のキーワードですが、次に重要なのが関連性です。その次が利便性だと思います。
 アドセンスは記事に関連する広告を表示しますし、読者は目的の記事を読み終えると、次は関連する記事に興味を満ちます。ブログは関連した情報を扱った方がGoogle検索の評価は高くなると思います。
 ただし、それぞれの記事の関連性が高すぎる(似すぎる)と、重複やコピーされたコンテンツであると判定されますので、注意が必要です。
 記事を書くときも同じです。
 例えば、神社の観光を記事にするとします。日記型の記事であれば、5W2Hと感想、神社の情報を、時系列に沿って書くことなると思います。
 ですが、同じ手法で書けば、他のサイトの同じ神社の記事に自然と似てしまいます。(観光で見るところはだいたい同じであるという理由)
 他のサイトの記事より独自性のある優れた記事を書くためには、関連性ある情報をより多く集める必要があります。それには、事前に神社に関する情報を調べておく必要があります。
 近々お祭りがあるとすれば、その日に行ったほうが差別化することができます。近くの他の観光地やお食事処を調べておけば、より良いスケジュールを立てることも出来ます。
 交通手段も、読者が一番利用する手段を選べば、有益なコンテンツになると思います。

詳しく描写する 

 神社に着けば、前に説明した洞察力を発揮して、多くの関連情報を収集しましょう。
 写真はたくさん撮る必要があると思います。違う角度方、アップで撮る、引きで撮る。場合によってはムービーで。(気に入った写真だけ使えば良い)
 パンフレットや掲示板には、ネットにない情報が記載されているかもしれません。
 クチコミ情報は独自性のあるコンテンツです。神主さんや巫女さんにインタビューすれば、有益な情報を入手することができます。
 思ったことや感じたことも、忘れないうちにメモしておいた方がよいかもしれません。
 目的地で多くの情報を集め、記事にすること。すなわち『詳しく描写する』
(描写とは、あるがままの姿をうかび上がらせるように、えがき出すこと)
 そのためには、多くの情報を収集して持って帰る必要があると思います。
 別の言い方をすれば「主観」です。執筆者の感性が問われます。

詳しく説明する

 記事を書く段階では更に調べる必要があります。現地で得られた情報に関連する情報やその裏付け。情報量によっては、当初考えた記事の構成を変更する必要も出てきます。
 神社情報だけで記事にしようと思えば、歴史や年中行事などの情報も追加するといいと思います。
 お昼に食べた料理は他のお食事処の情報をと合わせ、グルメの記事として掲載してもいいかもしれません。
 このように、その場所、その時以外でも得られる情報を記載すること。すなわち『詳しく説明する』です。
 説明するは「客観」です。主観的な情報の信頼性を補完する作用があります。
 イメージとして『詳しく描写する』は、物事を深く掘り下げる。『詳しく説明する』は、違う情報を結びつけ情報の範囲を広げることです。
 深く掘り下げることで、読者の満足度を向上させ、情報の範囲を広げることで、より多くの読者を呼び込むことができると思います。
 この手法は他のジャンルでも応用できるのではないかと思います。
 独自性の高いコンテンツを作るには、記事を作る手法も考えないといけないのではとないかと思います。
関連記事
 アドセンスの合格基準をSEOの観点から考えた記事 アドセンス合格の基準をSEOの観点から考える を投稿しましたので御覧ください。
(長文です)

付属資料:「価値の低い広告枠」以外の不合格通知の雛形とそれらの解析

複数の理由がある場合

お客様のサイト(http://〇〇〇〇.com)で 複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません
 原因は複数ありますが、それらは記載されています。(不合格の雛形が複数記載されている)

サイトの停止または利用不可

サイトの停止または利用不可
お客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました。お申し込みの際に送信された URL にお間違えがないかご確認ください。サイトが正常に機能している場合は、お申し込みを再送信していただけますようお願いいたします。弊社であらためて審査いたします。
 クローラーが正常に巡回(アクセス)できなかったことを意味します。
 404リンク切れエラーについては、インデックスにタイムラグがあるため不明な点が残ります。しかし、大抵の場合は時間が解決してくれると思います。
参考資料
AdSenseヘルプ
ウェブサイトの管理「AdSense クローラ エラー」
https://support.google.com/adsense/answer/2381908
 なおこの通知は、はてなブログで多く見られます。価値の低い広告枠と合わせ、複数のポリシー違反になるケースもあります。(一部は審査されているように思う)
 はてなの回答は、はてな側には問題はないということです。(お互いになすり合い)
 考えられるのが、アドセンス審査時に大量のトラフィックが発生するので、はてな側でブロックするか、それともパンクする(時間がかかる)ため、サイトの停止と判断されるのかもしれません。
 また、はてなブログはコミュニティが発達しているため、外部リンクが多いのではないかと想像します。(ブログカードやはてなスターなど)その分、巡回しなければならないページも増え、トラフィックも増大するのではと思います。
 AdSenseヘルプフォーラムでのアドバイスの多くは、しばらくして再申請をする。です。個人的な考えは、サイトの大部分がインデックスされていることを確認してから、再申請を行なった方がよいと思います。

サイトの仕様: ナビゲーション

サイトの仕様: ナビゲーション
プログラム ポリシーに記載されているとおり、Google 広告を表示するサイトでは、ユーザーに役立つ情報を提供することになっております。ユーザーが期待どおりの製品、商品、サービスを見つけられるように、サイト内を簡単に移動できる必要があります。操作性に問題のあるナビゲーションとは、たとえば次のようなものを指します。
・存在しないダウンロード/ストリーミング配信コンテンツの提供を謳っている
・存在しないコンテンツにリンクしている
・無関係なページや誤解を招くページもユーザーをリダイレクトしている
・サイトのテーマやビジネスモデルと関係がないテキストが記載されている
 あまり見かけない雛形ですが、https化したサイト、他のサイトへリダイレクトしてあったサイトの不合格理由でした。
 文面は内部リンクのように思えまが、現在のところ、内部リンクの不備の相談は見当たりません。

利用要件を満たしていない

このたびは AdSense に関心をお寄せいただきありがとうございます。お客様のお申し込み内容を確認させていただいたところ、当プログラムのご利用要件を満たしておられないことがわかりました。そのため、申し訳ございませんがお申し込みを受け付けることができかねます。
AdSense プログラム ポリシーは、Google サービスをご利用のサイト運営者様と広告主様の双方に対して Google 広告の有効性を確保するために設けられております。弊社はすべてのサイト運営者様を審査し、その結果によってお申し込みを却下する権限を有しています。今後、ポリシー要件を満たすように変更を加えていただくことができれば、その時点で改めて AdSense にお申し込みいただけます。
 この雛形は「AdSenseプログラムポリシーや各種ガイドラインを熟読してから出直しなさい」ということです。もちろん、不正を行う者は許可されません。
 アドバイスする側としても難しい案件です。それは相談者が不正を行っていないか疑って掛からねばならないからです。
 もちろん、AdSenseヘルプフォーラムで相談されることは構いません。ですが、アドバイスする側は、色眼鏡を掛けて見ている(見方にバイアスかかる)ことはご理解ください。
 また、AdSenseプログラムポリシーも、細部まで目を通すと、ブログの品質についても付言されています。結局の所何が原因なのか、アドバイスする側も分からないのです。
 一番可能性が高いと思えるのは、禁止コンテンツです。

―――スポンサーリンク―――

コメント