Google Search Consoleが新しくなりました


スポンサーリンク

こんにちは、SAKURAです。

いつもお世話になっているGoogleのSearch Consoleですが、9月5日(?)に、今までSearch Console BETAとなっていたものが、BETAが取れて、Google Search Console となって生まれ変わりました。

私はBETAのときから使っていましたが、新たな機能が追加され、より詳しく、使いやすくなっていると思います。

まだ慣れていないところもありますが、使い方などを記事にしたいと思います。
(間違いがあったら、ごめんなさい。写真を載せるべきですが、BETAが取れて間もなく、ペナルティーをもらうと困るので、他のサイトを見ながら様子見です)

Google Search Consoleの新機能

URL 検査

一番お世話になっているのが、『URL 検査』です。現在のインデックス状況が分かります。Google Search Consoleタイトル横の検索ボックスに、調べたいURLを入力することで、調べられます。

記事を投稿して数日後、実際にインデックスされているか? (Google検索で表示されるか?)心配になることがありませんか? そんなときに、この『URL検査』を使うと、今のインデックスの状況が分かります。

インデックを調べる他の方法として、Google検索で、ブラウザのタイトルバーに info:https://~~(ブログのアドレス)を打ち込むことで、タイトルとスニペット(説明文)が表示され、インデックスされていることを確認できます。この方法はお手軽ですが、インデックスされていないときは、理由が分かりません。
Search Consoleの『URL 検査』であれば、インデックスされていない場合の理由も表示されます。

さらに、検査結果を表示した画面に『公開URLをテスト』という項目ができました。これは、今インデックスされるとしたら、どのように表示されるか? または、インデックスの登録依頼を行ってよいか? を、調べる事ができます。

調べる件数が多い割当量の超過

調べられる件数は、1日単位で決まっているようです。次の日にはまた調べられますので、計画的なご利用を。(数は調査中)
m(__)m

モバイルユーザビリティ

近年スマートフォン(以下スマホ)が普及し、インターネットもスマホで見る人が多くなりました。パソコンと比べ、スマホは画面が小さいのでパソコンに表示されるレイアウトでブログを表示させると、文字やボタンが小さくて見えにくく、操作しにくいです。ちゃんとスマホでも表示できるかを調べてくれるのが、この『モバイルユーザビリティ』です。

操作メニュー紹介

メインメニュー(ハンバーガーボタン)を開くと、上から順に次の項目があります。

プロパティを検索

すでに登録していれば、URLが表示されます。複数のURLを登録していれば、ここで選ぶことが出来ます。
新たに追加する時は、『+プロパティを追加』で追加できます。

サマリー

サマリーとは、要約、集約のことだそうです。
項目として、検索パフォーマンス、検索範囲、拡張として、モバイルユーザビリティがあり、それぞれのグラフが表示されています。
『レポートを開く』を押すと、それぞれの項目に移動できます。

検索パフォーマンス

グーグル検索のクリック数や検索結果に表示された回数などが表示されます。
以前の Search Console の検索アナリティクスと同じです。

URL 検査

すでに説明しました、Google Search Console のタイトル横にある検索ボックスと同じものです。
検索パフォーマンスの下にありますが、アナリティクス関連でなく、URLのインデックス状況を調べるものです。

「インデックス」の項目

対象範囲

BETAのときは、「インデックスカバレッジ」という名前でした。翻訳がちょっと変な感じです。インデックスの状況を調べられます。

赤の「エラ」ーと黄色の「警告」

グーグルからの通知です。問題などがあれば、件数として表示されます。ですので、通常は0です。(あっても放置でいい場合もあります)
私が経験したのが次の2項目です。

・送信された URL に noindex タグが追加されています(ステータス エラー)

記事をnoindexにしていたところ、サイトマップでその記事のURLを送信してしまい、赤の「警告」をもらいました。
本来の対処法は、サイトマップからその記事のURLを外すことです。ですが、初心者なので、記事を修正してnoindexを外しました。

・robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました(ステータス 警告)

robots.txtでブロックしているのに、Googlebotがクロールしてしまい、インデックスされた通知です。インデックスされているものをrobots.txでブロックしても表示される場合があると思います。
対処法は、URLをrobots.txtから外し、noindexタグを付けるです。検索結果に表示されても問題ない場合で、対処が難しければ放置でいいと思います。

緑色のステータス「有効」

インデックスされているURLです。(Google検索結果として表示されます)
・型の項目として『送信して登録しました』は、サイトマップで送信したもの。
・同じく『インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません』は、サイトマップで送信したURL以外のものです。ただし、サイトマップで送信したURLでも、クロールのタイミングによっては、こちらに分類されることがあります。(後日『送信して登録しました』に分類されます)

灰色のステータス「除外」

Googlebotがクロールしたけれど、インデックスに登録されなかったURLです。Google検索をしても出てきません。
型は、いっぱいあります。
注意しておくといいと思う型だけ説明します。

・noindex タグによって除外されました

noindexのタグがつけられていて、Googlebotがクロールしても、ページの情報をインデックスしません。(検索結果に出ない)もし、投稿記事のURLがあった場合(表示させたい場合)は、noindexタグを外す作業が必要です。

・クロール済み - インデックス未登録

Googlebotがクロールしたけれど、記事(ページ)が不十分で、解析に時間がかかるURLです。そのうち解析されるので、慌てる必要はありませんが、なかなかこの項目から消えない記事(検索に表示したいページ)は、改稿が必要になるかもしれません。

・重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました

ケースによりますが、記事が重複していれば問題です。似かよった記事が同じものと判断され、一方の記事しか検索結果に出ません。まあ、記事が重複しているのは殆どないと思います。
それ以外の場合、見過ごせる程度なら、全体としてのペナルティーは、ないと思いますので放置かな?
(私もあるけど、対処が難しい)

・見つかりませんでした(404)

いわゆるリンク切れエラー(404)です。記事を削除したときに出ます。ペナルティーはないので、放置です。(無理やりなリダイレクトや、URLの削除はやめましょう)
ただし、記事を削除したページのURLを手作業でリンクしていた場合は、そのリンクも修正して下さい。

・ソフト 404

リンク切れエラー(404)とほぼ同じですが、機械的に代替えのページを表示している場合に表示されます(この表現であってる?)
例えば、ブログ内検索で該当する記事がなかった場合、リンク切れエラー「404not found」と表示する代わりに、「検索結果の記事は見当たりません」と代わりのページを表示させると、ソフト404エラーとなります。

これも初心者には対応が難しいので、まあ放置でよいです。(数が多いとちょっと問題)
対応策としては404エラーになるようにする。
又はブログ内検索なら、https:www~~~/search/のURLを、前もってrobots.txでブロックするです。

・その他の型

まだSearch Consoleが新しくなったばかりなので、ヘルプの項目が更新されていないのですが、以下のページを参考にして下さい。(新Search Consoleのヘルプは今の所英語)

インデックス カバレッジ レポート(日本語)
https://support.google.com/webmasters/answer/7440203#duplicate_page_with_proper_canonical_tag

URLを調べる、再登録するには

それぞれの項目(例)で、『ソフト404』など『型』の書かれた行をクリックすると、その理由に該当するURLと前回のクロール日が表示されます。
そのURLをクリックすると、次の項目が現れます。

・URLを検査

メインメニューのURLの検査と同じです。クリックしたURLが最初から入力され、検査され、表示されます。なお一覧にあるクロール日以降にクロールされていれば、新しいクロールの結果が表示されます。
また、結果表示ページに『公開URLをテスト』というボタンが追加されました。今、どうなっているかを調べるテストです。noindexタグを付けたけれど心配だという場合に調べてみると良いと思います。

新 公開URLをテストの結果のステータス(まだインデックスされていない)
中 URL検索で表示されるステータス(インデックス《の判定》)済み)
古 例の一覧のステータス(インデックス《の判定》は済んでいるが、最新ではない場合もある)

・robots.txtによるブロックを検査

以前のSearch Consoleの 『robots.txt テスター』ページが呼び出され、指定したURLの検査が行われます。

・Fetch as Google

以前のSearch Consoleの 『Fetch as Google』ページが呼び出され、指定したURLを送信できます。

『ページを更新をしましたか?インデックス登録をリクエスト』という項目が、新たにURL検査 結果の画面に出来ています。
Fetch as Googleの代わりになるものですが、多少時間がかかり、まどろっこしいかな? 

また、noindexタグを付けたものは送信できませんでした。『公開URLをテスト』が先に実行されているようです。

・検索結果を表示

info:を付けたURLグーグル検索です。実際にインデックスされ検索結果として表示されるかどうかを調べます。

サイトマップ

以前のサイトマップと同じものです。サイトマップを指定して、グーグルへ送信します。
ただ、探し方が悪いのか、仕様なのか、従来にはあった再送信のボタンが見当たりません。再送信を押さなくても、定期的に送信してくれるので再送信の必要もないかもしれません。
また、私はサイトマップ(/sitemap.xml)とは別に、 RSS/Atom フィード(/feeds/posts/default)も送信していますが、送信されたサイトマップ一覧には表示されていませんでした。

モバイル ユーザビリティ

従来のSearch Consoleにもありますが、問題があったときのみ通知するようになっています。
新しいSearch Consoleでは、モバイルフレンドリーなページも表示されるようになりました。

また、ライブページをテストの項目で、モバイルフレンドリーテストを行うことが出来ます。不合格のページであれば、不合格の理由を知ることが出来ます。
モバイルフレンドリーテストはURLを打ち込むことが出来ますので、インデックスされていないページでもテスト可能です。

私は、この度Blogger新非公式テーマPrime ZELOを導入したおかげか、モバイルユーザビリティーのエラーが ZEROちがった 0です。なので、どう表示されるかは、実はよく分かりません
m(__)m

関連記事
ブログテーマをPrimeZELOにしたら爆速です
https://www.sakura-gioiko.com/2018/09/primezelo.htm

手動による対策

これも以前のSearch Consoleにもあります。何らかの問題があると、グーグルから通知されます。

リンク

以前のSearch Consoleの『サイトへのリンク』と『内部リンク』が一緒になったようで、機能的には変わらないように見えます。ですが、精度は向上しているとのことです。

詳しくはKenichi Suzukiさんの記事をお読み下さい。

設定

プロパティ設定

所有権の確認です。内容は以前のSearch Consoleと変わらないと思いますが、アナリティクスをすでに利用しているURLであれば、この確認が簡単になったと思います。
(再確認をしてみましたが、よく分からないうちに確認されてしまいました)
これもKenichi Suzukiさんの記事を参考にして下さい。

(^o^)ノシ

コメント